FC2ブログ

最新記事

世界香水ガイドⅡ

有名な香水レビュー本。写真もイラストもなく、2人のレビュアーが古今東西の名香をバッサバッサとメッタ斬り(笑)いいの?ここまで書いて。

アロマライフ

アロマ柔軟剤ガチレビューやホームアロマグッズレビューがすごい!よくここまで企業に遠慮せず、ABC判定したなあと感心。香水はありませんが、大人気ボディミスト系の評価はあり。これは必見!

アロマライフ (晋遊舎ムック)

新品価格
¥980から
(2013/7/15 11:49時点)

楽天おすすめ香水

フォトグラフィー世界の香水

「フォトグラフィー世界の香水:神話になった65の名作」こちらは、写真にこだわって、ボトルの美しさなども紹介しています。

フォトグラフィー世界の香水: 神話になった65の名作

新品価格
¥3,570から
(2013/6/20 21:13時点)

月別アーカイブ

ザ・ボディショップ

MENU

HOME
香水のドラマ
Agnes.b
Azaro
Body fantasy
Burberry
Calvin Clein
Chanel
Demeter
Dior
Diptyque
D&G
Ferragamo
Givenchy
Gucci
Guerlain
Hermes
Jeanne Arthes
Palm Tree
L'artisan parfumeur
Shiseido
YSL
香水の俺レビュー
アクア・ディ・パルマ
アックス
アトリエ・コロン
アニエスb
アニック・グタール
アバクロンビ―&フィッチ
アユーラ
アラミス
アランドロン
イヴ・サンローラン
エイト&ボブ
エスティー・ローダー
エムシーエム
エルメス
カルトゥージア
カルバン・クライン
キリアン
キャシャレル
キャット・ヴォン・ディー
キャロン
グッチ
クリード
クリーン
クリニーク
ケイコ・メシェリ
ケイスケ・ホンダ
ゲラン
コム・デ・ギャルソン
ザ・ディファレント・カンパニー
ザ・ボディショップ
サルヴァトーレ・フェラガモ
サンタ・マリア・ノヴェッラ
資生堂
ジバンシィ
ジミー・チュウ
シャネル
ジャン・パトゥ
ジョー・マローン・ロンドン
ジョルジオ・アルマーニ
ズーロジスト
セルジュ・ルタンス
ダビドフ
ティエリー・ミュグレー
ディオール
ディプティック
トミー・ヒルフィガー
トム・フォード
ドルチェ&ガッバーナ
ニナリッチ
バーバリー
パームツリー
パルファン・ロジーヌ
バレード
ヒーリー
フエギア1833
プラダ
フランシス・クルジャン
フローリス
ペンハリガン
ヴェルサーチ
フラゴナール
ブルガリ
フレデリック・マル
ボンドナンバーナイン
ミラー・ハリス
モルトンブラウン
ヨウジヤマモト
ラッシュ
ラルチザン・パフューム
ランセ
ランバン
リキッドイマジネ
ルイ・ヴィトン
ロシャス
ロリータ・レンピカ
4711
香りの雑記帳

access counter

プロフィール

ドギー本澤

Author:ドギー本澤
50代男。体温高め。男性用・女性用問わず、毎日いろんな香水の香りをかいでは、連想をしています。そんな思いをショートストーリーにしたり、レビューしたりしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
RSS

ダビドフ クール・ウォーター

ダビドフ クール・ウォーター>>詳細を「Beauty Factory」で見る

ダビドフ クール・ウォーター>>詳細を「香水学園」で見る

ダビドフ クール・ウォーター 1つの香水を作るとき、その香水は香りが先なのか?それとも、名前が先なのか?時折、そんなことを考える。それは概して、香りのイメージとネーミングとの間にギャップを感じてしまうときだ。

ダビドフのクール・ウォーターは、俺の中では全然「クール」じゃない。初めてこの香りを体験した10年に以上前から、この香りに対する印象は今も変わっておらず、その印象に名前をつけるとしたら、「モワット・ウォーター」だ。

つけた瞬間から、ラベンダーの香りとローズマリー系のハーバルな香りと、ほんのりスパイシーなコリアンダー系の香りと、合成シトラスのトニック臭と(ジヒドロミルセノール)、そしてメロンっぽい潮風&海藻な風味が渾然一体となって広がってくる。何というか、スーッとクールにこない。逆に、もわりと空気を丸く膨張させるかのような押し出し感をもって広がってくる。絵的に言うと、陽に灼けたサーファーの、盛り上がった肩の筋肉のようなマスキュリンだ。無精ひげ&細マッチョ。

ただ、これはどうもかなり個人差のある香り立ちのようで、体温が高めの自分につけた場合の印象。フゼアのタイプは、ラベンダーとクマリンの中間に位置するというが、そのバランスの取り方によって、すっきりしたラベンダー寄りになるか、甘くパウダリックなクマリン調になるか、いくらでも変えられるし、条件によっても変わるようだ。

だから、体温が低めの方やムエットなどの場合は、かなり印象が違う。やや低いラベンダーとほんのりとしたミントがすっきりと香って心地よく感じやすい。そこにローズマリーやゼラニウムの香りがふくよかさを添えているといった印象。特にハンカチなどの布に吹き付けた場合などは、とてもしっとりとした柔らかいハーバルな清涼感があり、ああ、これならクール・ウォーターという名も頷けるなあと思う。

ならば、調香師は、体温低めの方がつけることを想定して作ったのかなと考える。そして、いや、そんなはずはない。それじゃ、イメージやテーマとそぐわないんだよなあとまた考える。

ダビドフはもともと葉巻会社だ。シガーの分野では、本当に世界最高の葉巻を製造する有名な会社。それが香水分野に進出するにあたって、調香師に求めたテーマは何だったろう?クール・ウォーターに求めたテーマ、それは、「海・波・光・男」。このへんではなかったかと推測している。名前が最初からあったかはわからないけれど。

クール・ウォーター そうなると当然思い浮かべるシーンは、夏の暑さが感じられるものだ。まばゆい太陽。きらめく波光。砂を巻き上げる潮風。次々と沖から押し寄せてくるビッグ・ウェイブ。パドリングをしながらタイミングを図る老獪なサーファー。ふと風がないだときに感じる、海と汗のやけた香り。

でも、そんなシチュエーションでつけることを想定すると、やっぱりムワット・ウォーターになるんじゃないかな…。ん…?あ――!そうか、湿度だ。湿度が違う。

日本の夏は高温と多湿が同時に来るのが普通だ。だが、概してヨーロッパ諸国やアメリカの西海岸などは、夏は高温でも乾燥していることが多い。つまり、日差しはまばゆく熱いが、空気はさらっとしているということだ。ならば、これぐらい押し出し感のある膨張系の香りも、うっとうしくは感じられないのではないか?むしろ、包容力やセクシーさといったマスキュリンを演出する意味で、重宝なアイテムになるということだろうか?

詳しくは知らない(笑)。それでも、唯一言えることは、夏のデイタイムをイメージした香りであることは間違いないのに、なぜこんなにもムワムワとうっとうしく感じることが多かったのか?という答えが見つかったということ。

つまり、「体温高めで汗をかきやすい人」「高温多湿な日本の夏の日中の使用」。これらは、この香りをあまり楽しめないかもしれないということだ。そうか、そうだったのか。←勝手に納得してるな

1つの香水を作るとき、その香水は香りが先なのか?それとも、名前が先なのか?時折、そんなことを考える。ずっとこの香りと名前の間で揺れていた。「なんでこんなにモワッとしてる香りなのに、クール・ウォーターなんだ?」

やっとわかったよ。体温高めで新陳代謝もよい、つまり汗かきな俺が、真夏のデイタイムに使ってきたからなんだな?そういうことなんだな? ←ダブルパンチでアウトだな

香水の俺レビュー(満点は☆7)
☆☆☆☆☆★★(5点)
メンズ・フレグランスの金字塔。コスパにすぐれ、ラベンダーの涼やかな香りとローズマリーのハーバルな香りにいやされる人は多い。ブラッド・ピットなど、有名人の使用が多いのも特徴。ピエール・ブルドンはこの調香で一気に有名になった。自分の肌ではあまり気持ちよく香らないが、湿度が低い秋から冬などには、きれいに香らせることができるかもしれない。ジヒドロミルセノールが大量に使用されているとの話もあるが、これは消臭成分としても有名な合成香料で、特にトイレタリーな気はしない。ちなみにジヒドロミルセノールが多いと、車内芳香剤の「スカッシュ」系のラムネっぽい雰囲気が強く出るようだ。体の部分でも、比較的体温が低めのところに少量つけるとよいように感じる。いずれにせよ、これを基本としてたくさんのコピーや模倣品が出た、歴史的なフレッシュ・フゼア。こちらが苦手な人は、エゴイスト・プラチナムを試してみるのもよいかも。


ダビドフ クール・ウォーター>>詳細を「Beauty Factory」で見る

ダビドフ クール・ウォーター>>詳細を「香水学園」で見る
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1:ダビドフにかかわらず by 初心者 on 2015/07/23 at 19:05:20

初めまして何時も参考にさせていただいています
新品の香水って何時も初日が癖が強い感じがするのですが
翌日になると本来の香りというかムエットにもらった物と同じなると言うかこう言う物なのでしょうか?

2:同じ思いをしたことがあります by ドギー本澤 on 2015/08/07 at 04:02:26

コメントいただいたのに、気付くのが遅くなり、大変失礼しました。いつもご覧いただき、ありがとうございます。

仕組みはよくわかりませんが、クールウォーターに関しては、サンプルと全然違って濃すぎる!と感じたことがありました。(元々強いですが)特に付けたての香りをすぐに鼻にもっていくと、「モワー」と押し出し間の強い香りに鼻がやられます。

香水に限らず、同じ香りをかぎ続けると嗅覚の麻痺が起こることも指摘されています。つまり、初日に感じた衝撃(笑)も、翌日以降は鼻がそれを感知しているためやや鈍ったとらえ方をする、つまり軽くなったように感じられるということがあるかも知れません。

一度開封したものであれば、細いノズルの中にたまった劣化した濃い液体のせいで出だしが強く感じることもありますが、初めて使うとなると、鼻が「積極的に嗅ぎにいく」せいかなとも思います。

▼このエントリーにコメントを残す