fc2ブログ

世界香水ガイド2

本当に世界中の香水を知りたい方のために書かれた、ある意味バイブル。写真なし。辛辣なコメントばかり。この本から香水沼にはまった人は数知れず。

最新記事

世界香水ガイド3

有名な辛口香水レビュー本和訳版の最新作いよいよ登場。今回はニッチ全盛の現代香水メインです。

マイナビ版香水図鑑

最新の香水がメジャーからニッチまで、結構多めに紹介されています。フルカラーでとても見やすい図鑑。

楽天おすすめ香水

月別アーカイブ

ザ・ボディショップ

MENU

HOME
香水のドラマ
Agnes.b
Azaro
Body fantasy
Burberry
Calvin Clein
Chanel
Demeter
Dior
Diptyque
D&G
Etat libre d'orange
Ferragamo
Fueguia 1833
Frederic Malle
Givenchy
Gucci
Guerlain
Hermes
Jeanne Arthes
Maison Margiela
Nest
Palm Tree
L'artisan parfumeur
Miller Harris
Shiseido
YSL
Zoologist
香水のレビュー
アールフレグランス
アクア・ディ・パルマ
アゴニスト
アックス
アトリエ・コロン
アニエスb
アニック・グタール
アバクロンビ―&フィッチ
アベル
アムアージュ
アユーラ
アラミス
アランドロン
イヴ・サンローラン
イッセイミヤケ
ヴァレンティノ
エイト&ボブ
エスティー・ローダー
エムシーエム
エラケイ
エルメス
オーケストラパルファム
カルトゥージア
カルバン・クライン
キリアン
キャシャレル
キャット・ヴォン・ディー
キャロン
グッチ
クリード
クリーン
クリニーク
ケイコ・メシェリ
ケイスケ・ホンダ
ゲラン
ケルゾン
コム・デ・ギャルソン
ザ・ディファレント・カンパニー
サノマ
ザ・ボディショップ
サルヴァトーレ・フェラガモ
サンタ・マリア・ノヴェッラ
資生堂
ジバンシィ
ジミー・チュウ
シャネル
ジャン・パトゥ
ジャン・ポール・ゴルチェ
ジョー・マローン・ロンドン
ジョルジオ・アルマーニ
ズーロジスト
セリーヌ
セルジュ・ルタンス
ダビドフ
ティエリー・ミュグレー
ディオール
ディプティック
ディメーター
トウキョウミルク
トバリ
トミー・ヒルフィガー
トム・フォード
ドルチェ&ガッバーナ
ナルシソ・ロドリゲス
ニシャネ
ニナリッチ
バーバリー
パームツリー
バイレード
バッジェリーミシュカ
パルファムドニコライ
パルファン・ロジーヌ
bdkパルファム
ヒーリー
ピュアディスタンス
フエギア1833
フラゴナール
プラダ
フラッサイ
フランシス・クルジャン
ブルガリ
フレデリック・マル
フローリス
ヴェルサーチ
ペンハリガン
ボンドナンバーナイン
ミラー・ハリス
ミルコ・ブッフィーニ
ミンニューヨーク
モルトンブラウン
ヨウジヤマモト
ラッシュ
ラボラトリオ・オルファテーボ
ラルチザン・パフューム
ランセ
ランバン
リキッドイマジネ
ルイ・ヴィトン
ルラボ
レバンゲルボワ
ロクシタン
ロシャス
ロリータ・レンピカ
4711
香りの雑記帳

access counter

プロフィール

ドギー本澤

Author:ドギー本澤
毎日いろんな香水の香りをかいでは、分析したり連想をしたりしています。最近はレビューがメインですが、時にショートストーリーも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

RSS

ディオール デューン

ディオール デューン>>商品の詳細を見る


デューン、フランス語で「砂丘」を意味する言葉。このネーミングと、太陽を思わせる金のキャップ、ギラギラと輝くオイル系カラーをコーティングしたボトル。そして、太陽に灼けた砂のような、熱を感じるオレンジの液体色。

これらのモチーフから、完璧に、「中近東のバザール~砂漠のラクダの旅~たどりついた花々あふれるオアシス」なストーリーイメージを描いてしまっていた。でも、1つだけ疑問が・・・。

じゃ、オセアニック・フローラル(海洋性の花々の香り)って何よ??

俺のイメージでは、海は出てこない。おかしい。で、調べて愕然とした。

この香りは、ディオール一族を輩出した、フランスの海沿いの町、グランヴィルへの回顧のイメージだと知った。グランヴィルは、あの有名な「モン・サン・ミシェル」の北に広がる保養地。年間気温があまり変わらない海洋性気候の穏やかな海岸線。そして・・・、
潮の満ち引きによって、歩いてモン・サン・ミシェルまで渡れる「海の道」ができるほど遠浅の海岸線は、ここも同じ。つまり、1日のうちに、「海」の中に、広大な「砂原」が出現する場所・・・。

そうか、デューンというのは、この潮の満ち引きによって、海の中に現れる砂地のことか?
ガラガラと中東やアフリカの砂漠の景色が俺の中でくずれる。年中おだやかな太陽の光の20110819_2617550.jpgそそぐ海岸線。1日に2度海から現れる広大な砂の大地。海風にそよぐ四季折々の花々の芳香。

なぜこんなにも激しく派手にフローラルが変化して、魅惑的に香るのかわかった気がした。
これはリゾート地の香り、乾いた海沿いの、光と風の中にゆれる花々の、散歩道の香り。

女性用の香水はそんなに詳しくないけれど、この香水は特別愛着がある。トップのややきつめとも思えるアイリス系の香りから始まる花々や草木の香りのまさに饗宴(競演?)は、すばらしい変化を見せてくれる。

この香りをまとう女性に、一目を置く男は多いはずだ。けれど、よほど自信のある男しか、その肩に手を回すことはできないだろう。たとえ強く惹かれていたとしても。


俺レビュー
☆☆☆☆☆★★(5点)

強く女らしい官能を表す香水だ。ミドル~ラストの花々の香りがすばらしい。

ディオール デューン>>商品の詳細を見る
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: ☆☆☆☆☆5
トラックバック
トラックバック送信先 :